客先常駐で経験を積み、自社開発や社内SEを目指そう

三段跳びするビジネスマン

現状で客先常駐で働いていらっしゃる方におすすめしたい方法が客先常駐の仕事で経験を積み、自社開発や社内SEに向けてへの転職を目指す事です。

客先常駐は色んな現場を短いスパンで廻る事が出来ますので、色んな現場を経験することでエンジニアとしてのレベルやスキルを高めていく事が出来る事が大きなメリットであります。

しかし、客先常駐は派遣という特性上から40代を過ぎてからでは受け入れ先が失われつつありますし、将来への安定性もほとんどありませんので、30代を過ぎる前には危機感を持っておいた方が良いでしょう。

そのため、客先常駐で色んな現場を経験してキャリアを積んでからは腰を落ち着けると言う意味で自社開発や社内SEといった比較的安定しやすい会社に転職をされた方が望ましいと言えます。

客先常駐での経験は次の会社の転職活動においても評価されますし、実際にスキルを積んで自社開発や社内SEに向けて転職される方も多いです。

もちろん、客先常駐といっても全ての会社がダメというわけではなく、中には自社開発などの割合が高い会社もありますので一概には言えませんが、色んな現場を転々とするような生活だったり、延々と実装やテストのような下流工程ばかりを現場で経験していると30歳を過ぎる辺りから潰しが効かなくなりますので、常に危機感を持っておくことが大事と言えます。

転職を成功させたいなら断然転職エージェントがおすすめ

客先常駐の環境からキャリアアップの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用する事を推奨します。

私の友人は大手転職エージェント「DODA」で紹介された企業に転職し年収600万円で自社開発、残業もほとんどないIT企業に転職する事に成功しました!今はプロジェクトマネージャーとして上流工程をこなして充実した生活を送っています。

転職エージェントを活用する事で転職カウンセリング、スキルセットの棚卸、履歴書や職務経歴書の添削、面接アドバイス、企業との交渉などのサービスを無料で受ける事が可能です。

転職活動を自分一人の力で行うと気が付かないところでタブーを犯し、市場価値を自分自身で下げてしまいがちです。転職エージェントにアドバイスを貰うことで転職活動のミスをなくし市場価値にマッチした会社に転職成功させましょう!

 
SPONSORED LINK
サブコンテンツ

このページの先頭へ