ハローワークで転職活動しない方が良い3つの理由

就職や転職活動を行う際には誰もが一度は頭をよぎるのがハローワークだと思います。

しかし、ハローワークを使って転職をする事はあまりおすすめ出来る転職方法ではありません。

では、何故?ハローワークを使って転職する事は避けた方が良いのか?3つの理由を解説します。

求人広告にウソが多すぎるから

まず、ハローワークで転職活動をしない方が良い理由は求人広告にウソが多すぎるからです。

ぶっちゃけハローワークの求人の質は悪いです。「手当て有り」があるといいつつ実際は「手当てなし」だったり、掲示されている月給の額が求人票と入社後で異なっていたりすることは非常に良くある事です。

実際に以下のリンク先の記事のように日本経済新聞に記事として取り上げられるぐらいですから、問題となっている求人は相当になると思われます。

> 【日本経済新聞】 手当あり→実はなし 求人票の「ウソ」に苦情多発

わざわざ地雷求人だらけのハローワークで求職活動をする必要は無いと言えます。

 

ハローワークの職員にまともな知識が無いから

続いてハローワークの職員にまともな知識が無いというのもおすすめ出来ない理由です。

今時の民間の求人サービスは求職者のために実際に求人を出している企業の採用担当者とヒアリングを行っており、求人サービスの人間が企業の採用担当者が求める人物像を理解していて適切な求人を紹介したり、求職者に適切なアドバイス出来るのが普通です。

逆に単にハローワークの職員は掲載している求人をただ紹介しているだけに過ぎない場合が多いですし、そもそもIT業界に括っても大した知識を持っていません、職員によっては「IT業界=パソコンを使って仕事をする」程度の知識しか無かったりします。

そんな「IT業界=パソコンを使って仕事をする」程度の知識の人間が仲介をした所で、求職者に対して最適な求人も紹介できないし、転職のアドバイスも適切に出来るわけがありません。

転職活動を行っても企業の採用担当が求める人物像に近い人間でなければ、面接をしても落とされてしまう可能性の方が高いですし、闇雲の応募しても疲れてしまうだけなのでもっと効率的に転職活動をした方が良いです。

 

ハローワークより良質なサービスが沢山あるから

最後にハローワークがおすすめ出来ない理由はハローワークより良質なサービスがいくらでもあるからです。

特に転職エージェントというサービスは最近利用者が増加している人気の転職方法です。

実際に面談(コンサル)を受けてから転職活動を開始するサービスなので最初に少し手間がかかりますが、面談をする事で求職者の持つポテンシャルやスキルなどを確認することで希望にマッチした最適な求人情報の提供や転職活動時のアドバイスを受ける事が出来ますし・・・。

企業との面接のスケジュール調整や年収交渉なども代行して貰う事が出来ますので求職者の負担もかからないためかなり楽です。

もし、転職エージェントに興味がありましたら以下の記事で詳細を掲載しておりますので是非チェックしてみてください。

> 転職エージェントを活用しよう

転職を成功させたいなら断然転職エージェントがおすすめ

客先常駐の環境からキャリアアップの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用する事を推奨します。

私の友人は大手転職エージェント「DODA」で紹介された企業に転職し年収600万円で自社開発、残業もほとんどないIT企業に転職する事に成功しました!今はプロジェクトマネージャーとして上流工程をこなして充実した生活を送っています。

転職エージェントを活用する事で転職カウンセリング、スキルセットの棚卸、履歴書や職務経歴書の添削、面接アドバイス、企業との交渉などのサービスを無料で受ける事が可能です。

転職活動を自分一人の力で行うと気が付かないところでタブーを犯し、市場価値を自分自身で下げてしまいがちです。転職エージェントにアドバイスを貰うことで転職活動のミスをなくし市場価値にマッチした会社に転職成功させましょう!

 
SPONSORED LINK
サブコンテンツ

このページの先頭へ