合わない会社は石の上にも3年と言わず早めに転職すべき

転職をするか?転職をしないか?を迷われる方も多いと思います。

石の上にも三年という言葉があるように一度就職したからには最低3年は我慢して会社に勤めた方が良いと考える方も多いでしょう。

もちろん、安易な転職をする事は好ましい事ではありませんが、合わない会社は早めに見切りを付けてしまった方が良い場合も多いですし、合わない会社は石の上にも3年と言わずに早めに辞めるべきだと思います。

今時は若い内でも1度、2度の転職は許される

合わない会社は早めに見切りを付けた方が良い理由の一つは今時の転職事情として若い内なら1度や2度の転職が許されるという背景があるからです。

昔は終身雇用制度が神格化されており、どんなに会社でも入社したからには一生同じ会社に勤めるべきだし、それが正しい社会人とあり方と言われてきましたが、今はそのような時代ではありません。

今はむしろ逆に転職をする人の方が多数派であり、転職しない人は少数派というぐらい一般化してきており。転職する事が悪い事だというイメージは既に昔の頭の固い団塊世代の古い価値観になっています。

実際に新卒で入社した会社を半年で退職して別の会社に転職をして良い会社に巡り合えるという方も多いんです。もちろん、ただ会社が嫌で辞めるという事は好ましい事ではありませんが、きちんとした理由があれば今時の転職はそれほどネガティブなイメージを抱く必要はありません。

 

人売りしか出来ない会社で頑張っても未来が無い

では、きちんとした理由というのはどのようなものが考えられるでしょうか?

色々ありますが、例えばITには客先常駐特定派遣、偽装請負などで自社で仕事をせずに別の会社で働くいわゆる派遣的な働き方があります。

もちろん会社というものはピンキリですが、このような会社の中には自社の内部にロクな開発技術が無く、ただ人を別の会社に派遣するいわゆる「人売り」しか出来ないような会社があります。

このような会社の特徴の一つとして新卒で雇用した新人を社内でほんの少しの間だけ雇用して客先に一人で派遣させるといった事を行う会社があります。

しかし、まともに仕事の仕方が分からない新人の方が一人で客先に送り込まれても何をして良いのか分からずに途方に暮れてしまうという方も多いです。

仕事が出来なささに客先の社員からパワハラを受けたり、無理な出来ない仕事を言い渡されて精神的に病んでしまったり、自分自身のふがいなさに自己嫌悪に陥ってしまう方も多いでしょう。立場上相談出来る相手もおらずに苦労される方も多いです。

ですが、これはその人が悪いというわけではなく自社に問題があります。普通はいきなり新人を一人で仕事をさせるような会社はありえませんし、無茶な仕事をさせるような会社は早めに辞めてしまった方が賢明と言えるでしょう。

それに人売りしか出来ないような会社は自社にロクな開発環境を整えておらず、技術も持っておらず、社員を資産と考えて長く育てて行こうという考えが無い会社も多いです。

まともに人を育てていこうという気が無い会社というのは立派なやめる理由になるのではないでしょうか?

> 客先常駐が不安定な理由!35歳以降に受け入れ先が激減する

 

石の上にも3年と言っている間に期を逃す

そして、合わないと思った会社は早めに見切りを付けた方が良い理由として石の上にも3年と言っている間に期を逃してしまう事です。

ご存知の通り、日本の転職市場というものは若ければ若いほど有利になりますし、歳を取ってからでは不利になってしまうからです。

また、若い内の3年という期間は非常に重要です。若いために知識の吸収力も高いですし、歳を取ってからでは知識の吸収力は衰えていく一方です。

合わない会社でその貴重な機関を無駄な期間を過ごしてしまうと、それこそ多大な損害になってしまうと言えるのではないでしょうか?

> 転職で失敗しない為に覚えておきたい3つポイント

転職を成功させたいなら断然転職エージェントがおすすめ

客先常駐の環境からキャリアアップの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用する事を推奨します。

私の友人は大手転職エージェント「DODA」で紹介された企業に転職し年収600万円で自社開発、残業もほとんどないIT企業に転職する事に成功しました!今はプロジェクトマネージャーとして上流工程をこなして充実した生活を送っています。

転職エージェントを活用する事で転職カウンセリング、スキルセットの棚卸、履歴書や職務経歴書の添削、面接アドバイス、企業との交渉などのサービスを無料で受ける事が可能です。

転職活動を自分一人の力で行うと気が付かないところでタブーを犯し、市場価値を自分自身で下げてしまいがちです。転職エージェントにアドバイスを貰うことで転職活動のミスをなくし市場価値にマッチした会社に転職成功させましょう!

 
SPONSORED LINK
サブコンテンツ

このページの先頭へ