求人票に騙される人が増えている

悪魔の誘惑にのる男性

転職活動をする際にはハローワークや求人サイトで求人票を元にして仕事を探す事が一般的だと思います。

しかし、最近は悪質な求人情報に騙される方が増えて来ており被害に合う方が多いため事前に知識としてしっかり認識しておくことが大事です。

求人票と実際の契約内容が全く異なる実態を把握しよう

例えば上記の動画はニュースウォッチで取り上げられたハローワークの求人の嘘を扱った動画になります。

この動画を見てみるとIT関連会社で通信のコンサルティングの会社に入社したが、実際に入社してみるとマンションの訪問営業という全く違う畑の仕事に就かされ、給料も求人票は26万円だが実際は15万円正社員雇用ではなくアルバイト雇用といった全然違う求人情報になっていたという例が紹介されています。

このような事例は今の日本でも日常茶飯事で行われていますので、いかに求人票が信用ならないものであるか?という事が分かります。もしかするとこの記事を見ているあなたも下手をすると同じ目にあってしまう可能性もゼロではないと言えるのではないでしょうか?

求人票と実際の契約内容が異なる事で、ハローワークに年間で7,800件近くのクレームが寄せられていると言われていますが、被害にあった人の全員がクレームを挙げるわけではありませんので実際は10倍近くの被害はあってもおかしくはないと言えます。

企業側は表向きは良い労働条件、待遇で明記しなければ良い人材が集まらない上に、嘘を記載しても主な罰則がないため悪質な企業は嘘の求人情報を書き放題といった現実があると言えます。

 

求人票の嘘を見破る方法を知っておく事が大事

以上の事から今の日本の求人票は嘘の情報による被害を受ける方が増えています。

そのため、何も知らずにハローワークや求人サイトの求人情報を盲目的に信じる事は危険と言えるのではないでしょうか?

しかし、今はインターネットのサービスも発達しているためある程度求人票の嘘やブラック企業を見破る方法も整ってきていますので少しばかり知恵を付ければあなたが騙されたり、ブラック企業に入社してしまう可能性は大きく減らす事が可能です。

そのためにはどうすればいいのか?と言うと以下のリンクの記事で詳細を記載しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

> 求人票の嘘を見破る方法!デタラメな求人に騙されない為に

転職を成功させたいなら断然転職エージェントがおすすめ

客先常駐の環境からキャリアアップの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用する事を推奨します。

私の友人は大手転職エージェント「DODA」で紹介された企業に転職し年収600万円で自社開発、残業もほとんどないIT企業に転職する事に成功しました!今はプロジェクトマネージャーとして上流工程をこなして充実した生活を送っています。

転職エージェントを活用する事で転職カウンセリング、スキルセットの棚卸、履歴書や職務経歴書の添削、面接アドバイス、企業との交渉などのサービスを無料で受ける事が可能です。

転職活動を自分一人の力で行うと気が付かないところでタブーを犯し、市場価値を自分自身で下げてしまいがちです。転職エージェントにアドバイスを貰うことで転職活動のミスをなくし市場価値にマッチした会社に転職成功させましょう!

 
SPONSORED LINK
サブコンテンツ

このページの先頭へ