IT業界を渡り歩くならIT専門の転職エージェントを活用しよう

paso

IT業界に従事している方は今の会社に何らかの不満を持ち、転職を考えていらっしゃる方も多いと思います。

客先常駐ではなく自社開発をしたい、上流工程がやりたい、派遣社員になりたい、WEB系を極めたい、残業が多いなど理由は人によって様々であると思います。

もし、上記のようにIT業界からIT業界を渡り歩く事を考えていらっしゃる場合であり、かつ転職活動時に転職エージェントを利用されるのであれば出来ればIT専門転職エージェントを活用される事をおすすめします。

IT専門の転職エージェントの方が現場に詳しいから

では、何故?IT専門の転職エージェントを利用した方が良いのか?と言うとズバリ!そうではない転職エージェントと比べて圧倒的にIT業界の現場に理解があるからです!

逆にIT専門ではない転職エージェントはプログラミング言語に詳しくなかったり、上流工程や下流工程といった理解に乏しかったりします。

本当にIT業界の知識の無い転職エージェントは例えばWEB系(PHPやJAVAを中心)のような仕事をしたい!と相談してもCOBOLの仕事を紹介してきたりといった全く的外れの提案をしてくる事もあるといった話もあると聞きます。

それに加えて転職エージェント側に現場に対しての理解がなければ、どうしてもどこか取り繕った表面的なコンサルにしかならない可能性も高くなってしまいがちです。

もちろん、全てにあてはまる事ではありませんが、IT専門の転職エージェントに比較すると専門的な知識が劣りがちになってしまいます。

 

美味しいラーメンを食べたければラーメン屋に行く

ra-men

話は変わりますが、もしあなたが美味しいラーメンを食べたいと思われたらどこに行くでしょうか?

節約したいという理由であれば、日高屋のようなラーメン屋もアリかもしれませんが美味しいラーメンを食べたいという場合はラーメン専門店に行く事が普通だと思います。

間違ってもフードコートのラーメン屋や、王将のラーメンを食べに行こう!とはならないと思います。

これを転職活動に例えると総合の転職エージェントは「何でも屋」です。IT業界もアパレル業界も看護業界も薬剤師業界も扱うけど転職エージェントは全ての業界を理解する必要がありますのでどうしても専門的な知識は薄くなりがちです。

以上の事から、IT業界に転職をするならIT専門の転職エージェントに依頼をした方が良い結果が出る可能性が高いです。

IT業界からIT業界を渡り歩く転職を検討されている場合は可能であればIT専門の転職エージェントに依頼しましょう。

> IT業界の転職エージェントランキングをチェック

転職を成功させたいなら断然転職エージェントがおすすめ

客先常駐の環境からキャリアアップの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用する事を推奨します。

私の友人は大手転職エージェント「DODA」で紹介された企業に転職し年収600万円で自社開発、残業もほとんどないIT企業に転職する事に成功しました!今はプロジェクトマネージャーとして上流工程をこなして充実した生活を送っています。

転職エージェントを活用する事で転職カウンセリング、スキルセットの棚卸、履歴書や職務経歴書の添削、面接アドバイス、企業との交渉などのサービスを無料で受ける事が可能です。

転職活動を自分一人の力で行うと気が付かないところでタブーを犯し、市場価値を自分自身で下げてしまいがちです。転職エージェントにアドバイスを貰うことで転職活動のミスをなくし市場価値にマッチした会社に転職成功させましょう!

 
SPONSORED LINK
サブコンテンツ

このページの先頭へ