使えない転職エージェントの対処法

okoru

転職を希望して転職エージェントに転職相談をしたければ、転職エージェントがあまり使えなかったり、何となく相性が悪くてウマが合わないといった経験をされる方も多いと思います。

このページでは転職相談をしたけど、転職エージェントが頼りなかった場合の対処法に記載します。

使えない転職エージェントの対処方法

担当者を変えて貰う

実は転職エージェントは担当者を変えて貰う事が出来る事はご存知でしょうか?

もし、担当のエージェントが役に立たない、頼り無いといった場合は転職エージェントの会社にクレームを入れれば担当者を変更して貰う事が可能です。

そのため、担当者に問題がある場合は担当者を変更して貰う事も考えてみましょう。

 

別の転職エージェントサービスを利用する

もう一つの対処法は別の転職エージェントサービスを検討してみる事も考慮してみましょう。

別に転職エージェントは日本に1つしかないという訳ではありません。何となく合わないと思ったら依頼先を変えてみるというのも良いでしょう。

会社を変える事で当然担当者も変わりますし、それに複数のエージェントの比較も出来ますし、転職エージェントも会社を変えると新たなに非公開案件などに巡り合える可能性もありますので今利用している転職エージェントが合わない場合は別の所に依頼してみるのも良いでしょう。

以下のおすすめの転職エージェントをご紹介していますので別のエージェントを検討されている場合はチェックしてみてください。

> おすすめの転職エージェントランキングをチェックする

 

使えない転職エージェントの共通ポイント

転職エージェントと一括りにしても普通の仕事と同じように仕事がデキる転職エージェントと仕事がデキない転職エージェントに分かれます。

ダメな転職エージェントには以下のような共通ポイントがあります。

  • 求職者の話をロクに聞かずに機械的に転職先のマッチングを行う
  • とにかく転職をさせる事を優先させたがる
  • 会社のメールアドレスに対してメールをしてくる
  • 仕事中に電話をしてくる

特にありがちな事は転職エージェントの会社は転職を成立する事で報酬が発生するといった仕組みになっていますので、求職者の要望をロクに聞かずにとにかく転職をさせる事を第一に考え、求職者の要望や意向を無視、軽視するといったエージェントが居る事は事実です。

しかし、そのような方法では求職者の希望にマッチした満足度の高い転職は難しくなりますし、最悪転職失敗してしまう可能性があります。

求職者の要望を聞かない転職エージェントに言われるまま転職をしてしまうと良い転職は難しくなりますので早めに担当者を変えて貰うか、別の会社の転職エージェントに依頼する方が賢明と言えるでしょう。

転職を成功させたいなら断然転職エージェントがおすすめ

客先常駐の環境からキャリアアップの転職を成功させたいなら転職エージェントを活用する事を推奨します。

私の友人は大手転職エージェント「DODA」で紹介された企業に転職し年収600万円で自社開発、残業もほとんどないIT企業に転職する事に成功しました!今はプロジェクトマネージャーとして上流工程をこなして充実した生活を送っています。

転職エージェントを活用する事で転職カウンセリング、スキルセットの棚卸、履歴書や職務経歴書の添削、面接アドバイス、企業との交渉などのサービスを無料で受ける事が可能です。

転職活動を自分一人の力で行うと気が付かないところでタブーを犯し、市場価値を自分自身で下げてしまいがちです。転職エージェントにアドバイスを貰うことで転職活動のミスをなくし市場価値にマッチした会社に転職成功させましょう!

 
SPONSORED LINK
サブコンテンツ

このページの先頭へ